Home > データ復旧のニュース一覧 > 記事ページ

【外付HDDの復旧事例】 BUFFALO HD-CB1.0TU2

データ復旧の事例をご紹介いたします。

BUFFALO 外付HDD USBタイプ 突然認識
しなくなった。


機器:BUFFALO 外付USB HD-CB1.0TU2
症状:突然認識しなくなった
記録媒体:内蔵型3.5インチ S-ATA
容量:1TB
メーカー:WesternDigital
型番:WD10EADS-22M2B0

障害HDD「WesternDigital WD10EADS-22M2B0」の検証結果

数回ノッキング音、その後回転停止

筐体からHDDを取外し、直接通電を行った結果、
磁気ヘッド障害と判断しました。





物理処置開始!

正常動作する同型HDDを入手。
これから物理処置を実施します。

認識に成功し、クローン作業中!

セクタ単位でクローンディスクを作成中。
先頭付近にセクタ不良が点在しているが、それ以外はほぼ抽出可能な状態。


クローンディスク作成完了。
重要フォルダの確認に至りました。