Home > データ復旧のニュース一覧 > 記事ページ

【NASの復旧事例】 BUFFALO LS-WH1.0TGL/R1

データ復旧の事例をご紹介いたします。

BUFFALO NAS
突然ネットワークにアクセスできなくなった。


機器:BUFFALO LS-WH1.0TGL/R1 4TB
症状:アクセス不能。
記録媒体:内蔵型3.5インチ 500GBx2台
RAID構成:RAID1(ミラー)
容量:500GB
メーカー:HGST
型番:HDP725050GLA360

初期診断結果

初期診断の結果、2台のHDDに物理的な不良はありませんでした

RAIDデバイスも確認できたので、筐体不良?
んっ、元々のRAID構成はミラーリングのはずが、RAID構成がRAID0。しかも作成日時が障害が発生した前夜となっています。当然マウントしても容量0MB。

再構築により、RAID構成が変更され、ディスク内が初期化されてしまった状態です。




BUFFALO LS-WH1.0TGL/R1 復旧完了!


ファイルシステム解析後、専用ツールで確認。
無事にデータの確認に至りました。