Home > データ復旧のニュース一覧 > 記事ページ

ノートパソコンのハードディスクのデータ復旧事例 「Seagate ST320LT007」

弊社のデータ復旧の事例をご紹介いたします。

機器:lenovo製ノートパソコン ThinkPad x230
症状:OS(Windows7)が起動しない
記録媒体:内蔵型2.5インチ ハードディスク(HDD)
容量:320GB
メーカー:Seagate
型番:ST320LT007
その他:暗号化設定あり

Seagate ST320LT007のデータ復旧

このハードディスクの故障の状態をお客様にお聞きしたところ、HDDが認識していないとのこと。

弊社で診断を行ったところ(ヘッドも動かない、モータも回転せず)うんともすんとも言わず。






故障したハードディスク「Seagate ST320LT007」の内部を確認

ハードディスクの内部を確認してみると、、、

アームの先端がランプの上に乗ってるはずが、下に噛みこんでます。
ランプが戻る時にスライダが吸着してしまっている状態です。

ヘッドが壊れている可能性が高いので、このまま強引に吸着解除すると
ディスク損傷に繋がる可能性があります。

故障したハードディスク「Seagate ST320LT007」の復旧完了

ヘッド交換完了。
今回の案件は、元々暗号化設定されておりましたが、ディスクイメージも
100%取得できましたので、元の状態のまま復旧に成功しております。

無事にWindows7の起動も確認できました。