Home > データ復旧のニュース一覧 > 記事ページ

【データ復旧ABC -8】 ヘッド吸着って、音で分かるの?

最も基本的でありながら、よく理解されていないところを解説。
【ヘッド吸着】

2ちゃんねる 【HDD】ハードディスク復旧センター10
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/hard/1392680285/589 から。

589 :不明なデバイスさん:2015/05/28(木) 15:47:23.33 ID:JzrYKqUc
某社の中の人ですが、音から察するに、ヘッド吸着かモーター焼き付きです。
吸着であればご自身でできなくはないと思いますが、モーター障害ですと
これは複数プラッタモデルですので業者さんに任せた方が確実だと思います。

DD-RESCUE より

ヘッドの吸着って、HDDの中で何が起こっているのか知らないからこんなことが平気で言えるのです。だから、「某社の中の人」は大嘘でしょう。もし、本当に「中の人」であるならば、その某社には技術力のある人はいないのでしょう。
 ヘッドの吸着は、プラッタ(円盤)が回転していないときに、本来は「シッピングゾーン」や「ランプ」に退避しているはずのヘッドが、プラッタに貼り付いてしまうために起こる障害です。貼り付いてしまう原因は、2枚合わせたガラスの間に水をたらしてみるとよく分かるように、ぴったり貼り付いてしまい、全く動かすことの出来ない、まるで自動車の「ディスクブレーキ」を掛けたような状態になっているのです。だから、このヘッド吸着は、湿度の高い梅雨時に起こりやすいともいえます。また、HDDを長期間使うと、プラッタの回転による遠心力で、プラッタの潤滑層のフッ素系オイルが、外周に片寄ることが原因となっていることもあります。そして、吸着が起こると、プラッタは全く回転することが出来ず、ヘッドも動かないので、モータの回転音も、ヘッドがストッパーにぶつかって発生する、「カッコン」音も聴こえることはないのです。