Home > データ復旧のニュース一覧 > 記事ページ

データ復旧事例 「WesternDigital WD2500AAJS-75M0A0」

弊社のデータ復旧の事例をご紹介いたします。

症状:電源を入れるとエラーメッセージが表示。メーカーサポートへ連絡したところ
   HDDの故障又は再インストールが必要と言われたとのこと。
記録媒体:内蔵型3.5インチ ハードディスク(HDD)
容量:250GB
メーカー:WESTERNDIGITAL
型番:WD2500AAJS-75M0A0

診断結果は物理障害

故障したハードディスクを弊社にお送りいただき、診断を実施。

通電後、繰り返しのノッキング音あり。SA読みに行けず、リトライ動作を行っている。
状況的にハードディスク内部の「磁気ヘッド」(データの読み書きを行う装置)の故障の可能性が高いと判断しました。

ディスク上面外周に傷を確認しました

開封後、内部を確認したところ、、、

ディスク外周にスライダのエッジがかみ込んだ痕跡と思われます。
このような痕跡がいくつもありましたので、障害の原因と考えられます。

今回は磁気ヘッド交換の作業を実施しましたが、必ずしも故障したHDDがそれだけでは
認識にいたりません。今回の作業もファームウエアの最適化を実施しております。

理由として、磁気ヘッドスタックアセンブリの先端部分にある磁気ヘッドポジションには個体差があるためなどです。このような個体差による問題はファームウェアを最適化することで解消することができます。そうすることで部品の互換性が高まるためにデータを復旧させる確立がより高くなります。