Home > データ復旧のニュース一覧 > 記事ページ

【ノートパソコンの復旧事例】 Windowsを起動できませんでしたのメッセージ

データ復旧の事例をご紹介いたします。

機器:NEC製NOTEパソコン PC-VK13MBBCB
症状:OS(Windows7)が起動しない
   電源投入後、Windowsを起動できませんでしたのメッセージ
記録媒体:内蔵型2.5インチ ハードディスク(HDD)
容量:160GB
メーカー:WesternDigital
型番:WD1600BEVT-26A23T0

起動後のエラーメッセージ

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを
起動できませんでした:
〈Windows root〉system32hal.dll.
上記のファイルをインストールし直してください。


との、エラーメッセージ。


Windowsのブートシーケンスは電源投入後、BIOSーMBR-ブートセクターNtldrの順番でロードされます。今回のようなエラーメッセージはシステムファイルの破損が原因と考えれますので、データ
が抽出できる可能性はかなり高いです。ただし、同様のケースでもハードディスク自体に障害が発生している可能性もありますので、注意が必要です。

今回セクタ不良は確認されず、正常にイメージファイルの作成が完了しました。
その後、復旧ツールにてデータの抽出作業が完了しました。