データ復旧/レスキューのニュース

「SSD」のデータ復旧ニュース一覧

全1ページ(12記事)

TLCのSSDはMLCのSSDより寿命が短いと言われていますが、書き換えしない永久保存のデーターを入れて置く分には寿命が縮まらないのでしょうか

[うんちく] 2017/06/07
Yahoo!知恵袋ネタ

Yahoo!知恵袋ネタ
知恵袋トップ>スマートデバイス、PC、家電>パソコン
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13156186788

mikuunef155さん2016/2/2209:44:21
SSDの寿命について、TLCのSSDはMLCのSSDより寿命が短いと言われていますが、書き換えしない永久保存のデーターを入れて置く分には寿命が縮まらないのでしょうか

SSDにデフラグ不要というのは本当ですか?

[うんちく] 2017/05/23
Yahoo!知恵袋ネタ

知恵袋トップ>スマートデバイス、PC、家電>OS>Windows 全般
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14137922574
ID非公開さん 2014/11/806:23:51
SSDにデフラグ不要というのは本当ですか?
(Win8 OS標準のデフラグ=Trimの事ではなく、いわゆる通常のデフラグ)

不連続クラスタのファイルを連続にしておく事で、
1. アクセスが速くなる
2. もしディスク障害(論理障害)が起きた時に
データ復旧できる確率を高められる

1.は機械的にシークが無いSSDに意味がないというのは分かりますが、
2.のメリットが有りそうに思えますが…

書き込み頻度が増えるデメリットは有りますが、
それを理解した上であれば、
断片化ファイルを無くすだけ(断片化していないファイルは再配置しない)の
タイプなら予防目的でデフラグするのも有りですか?

ベストアンサーに選ばれた回答
cyber_shshさん 2014/11/806:32:07
SSDでは、同じメモリーアドレスに何度も書き込むと劣化が促進されると言われています。
このために、ランダムに書き込む方が、よいようです。
また、ヘッドのシークがないことから、ランダムに読み込んでも速度の低下はありません。
このために、SSDでは、デフラグは行わないようです。

最近のSSDでは寿命も延びていることですし、HDDよりも信頼性が高いと言われていますので、貴方の好みでいいと思います。
自己満足を満たすことで、速度アップとなった気になりますので・・・
ただし、ヤリスギはいけませんよ・・・

【データ復旧ABC -17】 データ復旧ソフトの使い方

[うんちく] 2017/02/22
最も基本的でありながら、よく理解されていないところを解説。


データ復旧ソフトの使い方(うっかりファイルを削除してしまった時)

 間違えてHDD上の必要なファイルを削除してしまった時に、すぐにデータ復旧用のフリーソフトや有償ソフトのトライアル版などを、そのパソコンにダウンロードして試してみても復旧できなかった経験をして、「このソフトは使えない!」などと思った人もいるのではないでしょうか。


【データ復旧時事ニュース-5】 HGST、記録容量10TBを実現!

[うんちく] 2016/10/01
HGST、垂直磁気記録方式で世界初の記録容量10TBを実現したHDD
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151202_733406.html

米HGSTとWestern Digitalは12月2日(現地時間)、エンタープライズ向け3.5インチHDD「Ultrastar He10」の出荷開始を発表した。

Ultrastar He10は、エンタープライズ向けの大容量HDDで、ヘリウムを充填した「HelioSeal」プラットフォームの第3世代製品となる。

同社はすでに、シングル磁気記録(SMR)方式を採用したエンタープライズ向け10TB HDD「Ultrastar Archive Ha10」を提供しているが、本製品では、方式上ランダムライトにボトルネックを抱えるSMRではなく、従来の垂直磁気記録方式(PMR)を採用し、同方式のHDDでは世界初となる記憶容量10TBを達成した。

現行のヘリウム充填HDD比で25%の容量増加と、従来の非密閉型の垂直磁気記録HDDと比べて、56%の消費電力低減を実現しており、環境に配慮したデータセンター構築を可能にするとしている。

【データ復旧ABC -16】 SSDのオーバプロビジョニング

[うんちく] 2016/03/10
最も基本的でありながら、よく理解されていないところを解説。


「ウェアレベリング」や「トリム」はよく耳にするけど、「オーバプロビジョニング」ってなに?

SSDの復旧はHDDより高くなる?

[うんちく] 2016/03/05
SSDの復旧はHDDより高くなる?

2ちゃんねるネタ
【HDD】ハードディスク復旧センター10
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/hard/1392680285/773

772 :不明なデバイスさん:2015/11/21(土) 01:20:28.69 ID:Gvy+wAzc
SSDの復旧って基本的にHDDより高くなるの?

773 :不明なデバイスさん:2015/11/21(土) 01:31:28.33 ID:v/e+W8QZ
SSDの復旧は非常に困難

774 :不明なデバイスさん:2015/11/21(土) 10:01:42.41 ID:XvgvEBzx
>>772
劣化を分散する為に仮想セクタと実メモリの対応はコロコロ変わる
そのあたりで死んだらまず復旧なんぞ不可能

記録面やヘッドの障害がないってことは、復旧を考えるレベルの障害っつったら他にまずないよね

SSDでも復元できるソフトないの?

[うんちく] 2016/02/04
2ちゃんねるネタ
復元サルベージソフト総合11
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/software/1379262650/780

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/16(金) 20:57:10.25 ID:iWxDXduI0
ssdでも復元できるソフトないの?

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/17(土) 15:33:03.68 ID:iUivvyfZ0
ハードディスクが認識されていて、セクタが読めれるんならSSDだってどのソフトでも同じでしょうよ

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/17(土) 16:00:56.41 ID:XFTE9e4j0
SSDがなんで出来ないと思うのか不思議に思うわ
まあ出来ないソフトもあるのかもな

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/17(土) 18:16:06.30 ID:M3jonzBU0
>>782
ssdは原理的に復元が困難で警察も頭を悩ませてるって聞いてたけど?
ただ場所を消しただけでないと

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/17(土) 20:30:44.04 ID:M3jonzBU0
ssdは上書き得るのではなく一回裏で本当に消して空の状態にしてから新しく記録してると聞いてるssdは読み書きが高速だからそれができるんだとだから原理的に無理だって聞いてる
上書きでも残ってるわけでもないから

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/18(日) 02:23:09.01 ID:2TbuaGt70
TRIMサポートしてない古いOSや、安物PCでflashをSSDと称してるようなケースでは
削除したりクイックフォーマットしても復元出来る可能性があるって記事を以前読んだな
あと仮想ディスク化やドライブ暗号化している場合はファイルを削除してもTRIMの影響受けないから復元可能性上がるとも

それらのごく一部の例外除けば基本的に削除されたファイルは復元不可能って結論だったな

【データ復旧時事ニュース-4】 WDがSanDiskを買収

[うんちく] 2016/02/02
WDが2兆3千億円でSanDiskを買収
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151021_726813.html

米Western Digital(WD)と米SanDiskは21日(現地時間)、WDがSanDiskを買収することで合意したと発表した。買収の支払いは現金と株式で行なわれ、総額は約190億ドル。

 現存するHDDメーカーは、いずれも買収、合併によって事業、市場シェアの拡大を行ない、生き残りを続けてきたが、今回WDは同じストレージ事業でもフラッシュメモリ製品を手がけるSanDiskを約2兆3千億円で買収することで、ポートフォリオを拡大する道を選択した。

 一方、東芝は日本時間の21日付けで四日市工場新第2製造棟の一部竣工およびSanDiskとの共同設備投資を発表しているが、WDは、SanDiskの買収後も東芝とのジョイントベンチャーは継続するとしている。

【環境汚染ガスによる不具合について】 こちらのプロも教えます③

[うんちく] 2015/07/27
環境汚染ガスによって発生した不具合としては、基板端子の腐食、媒体潤滑剤の劣化、媒体磁性膜の腐食やヘッドの読み出し/書き込み用の磁性層の腐食などがある。

Webネタ
日経テクノロジーオンライン
そのHDD/SSDはなぜ壊れた?プロが教える故障の裏側
HDD編(1)環境雰囲気が媒体/ヘッドを蝕む、敵はあらゆるところに
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140702/362344/

 現象としては稼働時間が1~2年以内で、故障が多発する例が多い。中には稼働開始後、数カ月で故障に至る例もある。 基板端子が腐食するとHDDへの通電が不通となり、HDDは起動しなくなる。媒体潤滑剤の劣化はヘッドの浮上量を不安定にして媒体表面に傷を付ける。この結果、エラーが多発し、最終的にはヘッドが媒体情報を認識できなくなり、故障に至る。また、ヘッド金属部の腐食も媒体情報の認識ができなくなる原因となる。

環境汚染ガスの種類

 では環境汚染ガスにはどのような種類があり、どこから発生し、どのような悪さをするのか。以下に我々がこれまで遭遇した汚染物質について紹介する。


【有機溶剤(アルコール/トルエン類)】

 洗浄機の有機溶剤、オイル成分の脱脂用の有機溶剤、HDD清掃時に使用するアルコール類から揮発したガスや燃料系(ガソリンスタンド)の揮発成分もHDDの大敵である。

 これらがHDD内に吸い込まれると、媒体の潤滑剤のオイル成分を分解・劣化させる。

 最近のHDD媒体の潤滑剤の厚みは15~20Å程度である。正常状態ではヘッドが媒体に接触しても問題はないが、潤滑剤の分解・劣化により、厚みが半分(50%)以下に減ると、ヘッドと媒体の摺動特性が悪化し、ヘッドがスムーズに媒体上を浮上できなくなる。結果として読み出し/書き込みエラーが発生するようになる。さらに、潤滑剤が減少し続けるとヘッドスライダーと媒体の接触抵抗が大きくなり、媒体の金属を削り取り、円周上に傷が残るクラッシュに至る。

【環境汚染ガスによる不具合について】 こちらのプロも教えます②

[うんちく] 2015/07/17
環境汚染ガスによって発生した不具合としては、基板端子の腐食、媒体潤滑剤の劣化、媒体磁性膜の腐食やヘッドの読み出し/書き込み用の磁性層の腐食などがある。

Webネタ
日経テクノロジーオンライン
そのHDD/SSDはなぜ壊れた?プロが教える故障の裏側
HDD編(1)環境雰囲気が媒体/ヘッドを蝕む、敵はあらゆるところに
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140702/362344/

 現象としては稼働時間が1~2年以内で、故障が多発する例が多い。中には稼働開始後、数カ月で故障に至る例もある。 基板端子が腐食するとHDDへの通電が不通となり、HDDは起動しなくなる。媒体潤滑剤の劣化はヘッドの浮上量を不安定にして媒体表面に傷を付ける。この結果、エラーが多発し、最終的にはヘッドが媒体情報を認識できなくなり、故障に至る。また、ヘッド金属部の腐食も媒体情報の認識ができなくなる原因となる。

環境汚染ガスの種類

 では環境汚染ガスにはどのような種類があり、どこから発生し、どのような悪さをするのか。以下に我々がこれまで遭遇した汚染物質について紹介する。


【硫黄系ガス】

 硫黄系ガスは、自動車の排気ガス、梱包材料・緩衝材(段ボールなど)、電子部品から発生することがある。これがHDD内に吸い込まれると、金属の腐食成分となり、媒体の磁性層にダメージを与える可能性がある。

 媒体には保護層や潤滑層があり、金属成分が露出していないが、DLC(ダイヤモンドライクカーボン)保護層や、潤滑層(ルブリカント)のピンホール部分から、媒体の磁性層へ入り込み腐食させてしまう場合がある。

 また、ヘッドの読み出し/書き込み用の素子のDLC保護層が媒体とヘッドの摺動で摩耗し、金属として露出すると、この部分を腐食させてしまう。

【環境汚染ガスによる不具合について】 こちらのプロも教えます①

[うんちく] 2015/07/14
環境汚染ガスによって発生した不具合としては、基板端子の腐食、媒体潤滑剤の劣化、媒体磁性膜の腐食やヘッドの読み出し/書き込み用の磁性層の腐食などがある。

Webネタ
日経テクノロジーオンライン
そのHDD/SSDはなぜ壊れた?プロが教える故障の裏側
HDD編(1)環境雰囲気が媒体/ヘッドを蝕む、敵はあらゆるところに
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140702/362344/

 現象としては稼働時間が1~2年以内で、故障が多発する例が多い。中には稼働開始後、数カ月で故障に至る例もある。 基板端子が腐食するとHDDへの通電が不通となり、HDDは起動しなくなる。媒体潤滑剤の劣化はヘッドの浮上量を不安定にして媒体表面に傷を付ける。この結果、エラーが多発し、最終的にはヘッドが媒体情報を認識できなくなり、故障に至る。また、ヘッド金属部の腐食も媒体情報の認識ができなくなる原因となる。

環境汚染ガスの種類

 では環境汚染ガスにはどのような種類があり、どこから発生し、どのような悪さをするのか。以下に我々がこれまで遭遇した汚染物質について紹介する。

 【シロキサン】

 機器筐体では、振動衝撃の緩衝材としてシリコーンゴム足を使用する例が多い。シリコーンゴムがHDDの取り付け面に使用されることも少なくない。しかし、シリコーンゴムの製造過程で高温度による焼き出しが不十分であると、機器使用中にHDDや機器の自己発熱によりシリコーンゴムからシロキサンガス(Siを含む)が発生することがある。 

 HDDは媒体が内部に密閉されているように見えるが、実は外部とつながる空気穴が存在する。そのため、稼働時には温度上昇によりHDD内部の気体が膨張し、空気穴を通して外部へ排出される。稼働を停止すると温度が徐々に低下し、HDD内部に外気が取り込まれる。この際、外気にシロキサンガスが含まれていると、そのまま内部に吸い込んでしまう場合がある。

 吸い込まれたシロキサンガスは、ヘッドと媒体の摺動の摩擦熱により、酸素と化学反応し、結果としてSiO2の固形物が発生する。これがヘッドと媒体の間を通過すると、媒体の磁性層にひっかき傷を付け、記録層にダメージを与えデータを消してしまう。この他、ヘッドのリード/ライト用の磁性層に傷を付け、読み書きが不能になるケースもある。

【フラッシュメモリからのデータ復旧】 復旧したファイルの良し悪しはソフトの差か?

[うんちく] 2015/06/05
SDカードで800メガバイト前後の動画ファイルが5個ほど入れたフォルダを間違って削除してしまったのですが、Recuvaで2個のファイルは復元できました。

2ちゃんねるネタ
復元サルベージソフト総合11
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/software/1410944319/488


488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/05/06(水) 21:13:24.18 ID:ePLsMhtn0
SDカードで800メガバイト前後の動画ファイルが5個ほど入れたフォルダを間違って削除してしまったのですが、Recuvaで2個のファイルは復元できました。
有料でもいいので残り3個も復元したいのですが、R-Studioなどでしたら復元できる可能性あるのでしょうか??
間違って削除後は、そのSDカードのデータ移動など何もしていないので5個とも復元余裕かなと思っていたのですが甘かったです;;

全1ページ(12記事)