データ復旧/レスキューのニュース

「NAS」のデータ復旧ニュース一覧

全1ページ(12記事)

【他社診断見積り高額】 BUFFALO LS-WX2.0TL/R1J

[データ復旧事例] 2018/05/30
他社診断見積り高額
RAID0構成、1台物理障害(他社開封済み)

機器:BUFFALO NAS LS-WX2.0TL/R1J
症状:アクセス不能。
   1台のHDDが物理障害
記録媒体:内蔵型3.5インチ 1TBx2台
RAID構成:RAID0
容量:1TBx2台構成
メーカー:TOSHIBA
型番:DT01ACA100

【NASの復旧実績】 アイ・オー・データ HDS2-UT4.0

[データ復旧事例] 2018/05/19
2台物理障害
RAID1構成のため、1台正常動作していれば軽度で復旧可能ですが、
今回は2台とも物理障害でした。
顕微鏡でヘッドのスライダを確認し、状態の良いHDDの物理処置を実施。

機器:アイ・オー・データ HDS2-UT4.0
症状:1台目:物理障害
   2台目:物理障害
記録媒体:内蔵型3.5インチ 2TBx2台
RAID構成:RAID1 
容量:2TB
メーカー:Seagate
型番:ST2000DM001

【他社診断見積り高額】 BUFFALO TS5400D

[データ復旧事例] 2018/05/19
他社診断見積り高額のため
他の業者を探していたところ
日本データ復旧協会に加盟の弊社にご依頼をいただきました。

機器:BUFFALO NAS TS5400D4
症状:アクセス不能。
   2台のHDDが物理障害
記録媒体:内蔵型3.5インチ 1TBx4台
RAID構成:RAID6
容量:1TBx4台構成
メーカー:Seagate
型番:ST1000DM003

成功報酬って・・・・?

[うんちく] 2017/02/23
2ちゃんねるネタ

2ちゃんねるネタ
【HDD】ハードディスク復旧センター11
http://bintan.ula.cc/test/read.cgi/echo.2ch.net/hard/1461069997/45-49

45 : 不明なデバイスさん sage 削除
質問ですが、成功報酬っていうのは大切なデータが出てこなくても少しのデータが復旧できれば成功になるの?

AAS 2016/05/30(月) 20:49:25.10 ID:D7n88dsC 爆

46 : 不明なデバイスさん sage 削除
>>45
大抵データの内容は関係ないし、内容を指定する事も出来ない
復旧に成功したデータがある程度あれば成功
どの辺から成功なのかは業者による?

AAS 2016/05/30(月) 22:04:36.20 ID:VHroOeMX 爆

47 : 不明なデバイスさん sage 削除
NASのごみ箱ばっか救出された客がキレてた

AAS 2016/05/30(月) 23:06:13.97 ID:hP9/zvj6 爆

48 : 不明なデバイスさん 削除
最初からそれなりの指定をしない客が悪い扱い

AAS 2016/05/31(火) 06:46:15.89 ID:5vOQQWEc 爆

49 : 45 sage 削除
>>46
申し込む時に「重要データが復旧できなければお金は払わなくてもいい」と言われたんだが、
復旧できたデータはすべて拡張子別で復旧されてきた。
何万とあるファイルからはお客様が探してくださいと言われたよ。

>>48
申し込む時に重要データについて聞かれたから、フォルダ名とファイル名、容量を伝えたんだ。
しかもその担当者は申込用紙にそのことを記入してた。
でも、結局そんなんじゃ聞く意味ないよね。

会社の金だから、別に自分の懐は痛まないが、最近3ヶ月間の社員が作ってきたデータを
そこから社員みんなで探さなきゃならなくなったことが不憫でならない。

「どのファイルが重要なのかわからないけど、ファイルは復旧できたし、探せばいいか」
と思ってお金を払ったんだけど、
「重要データがどこにあるかわからないのはお客さんの都合。こっちは作業したんだからお金はもらう。」
ってなぜか金を払った後に言われたよ。

復旧日数は1ヶ月かかって、その間は全く連絡が来なくて、こっちから何度も連絡しても
いつも「復旧中です」と言われるだけだったよ。
AAS 2016/05/31(火) 07:51:48.84 ID:USoltweL 爆

【NASの復旧事例】 BUFFALO LS-QVL/R5

[データ復旧事例] 2016/12/15
データ復旧の事例をご紹介いたします。

BUFFALO NAS
アクセス不能


機器:BUFFALO NAS LS-QVL/R5
症状:アクセス不能。
記録媒体:内蔵型3.5インチ 2TBx4台
RAID構成:RAID0
容量:2TBx4台構成
メーカー:Seagate
型番:ST2000DM001

【NASの復旧実績】 アイ・オー・データ HDL2-A2.0

[データ復旧事例] 2016/11/23
データ復旧の事例をご紹介いたします。

iodata HDL2-A2.0

機器:iodata HDL2-A4.0
症状:1台目:正常
   2台目:物理障害
記録媒体:内蔵型3.5インチ 1TBx2台
RAID構成:RAID0 
容量:2TB
メーカー:Seagate
型番:ST1000DM003

ファームウェアアップデート失敗!

[うんちく] 2016/03/01
ファームウェアアップデート失敗で動作しなくなったNASのHDDは論理障害?

2ちゃんねるネタ
【HDD】ハードディスク復旧センター10
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/hard/1392680285/768

768 :不明なデバイスさん:2015/11/19(木) 22:28:40.97 ID:7i9h+KtR
NASのファームウェアアップデート失敗は、論理でいいんですよね?

769 :不明なデバイスさん:2015/11/20(金) 00:45:41.18 ID:Cj+3CXGF
>>768
論理/物理 = ソフト/ハード と考えていいと思うぞ
ファームは…復旧手段的にハード側だろ

【NASの復旧実績】 アイ・オー・データ HDL2-A4.0

[データ復旧事例] 2015/12/02
データ復旧の事例をご紹介いたします。

iodata HDL2-A4.0

機器:iodata HDL2-A4.0
症状:アクセス不能。
記録媒体:内蔵型3.5インチ 2TBx2台
RAID構成:RAID0 
容量:4TB
メーカー:Seagate
型番:ST2000DM001

【NASの復旧事例】 BUFFALO TS-XE2.0TL/R5

[データ復旧事例] 2015/07/22
データ復旧の事例をご紹介いたします。

BUFFALO NAS
エラーが表示されアクセス不能
E14 E23 エラー


機器:BUFFALO NAS TS-XE2.0TL/R5
症状:赤ランプ点灯 エラー表示にてアクセス不能。
記録媒体:内蔵型3.5インチ 500GBx4台
RAID構成:RAID5 
容量:2TB
メーカー:WesternDigital
型番:WD5000AAKX-001CA0

【NASの復旧事例】 BUFFALO LS-WH1.0TGL/R1

[データ復旧事例] 2015/07/15
データ復旧の事例をご紹介いたします。

BUFFALO NAS
突然ネットワークにアクセスできなくなった。


機器:BUFFALO LS-WH1.0TGL/R1 4TB
症状:アクセス不能。
記録媒体:内蔵型3.5インチ 500GBx2台
RAID構成:RAID1(ミラー)
容量:500GB
メーカー:HGST
型番:HDP725050GLA360

【NASの復旧事例】 Iomega ix4-200d Network Storage

[データ復旧事例] 2015/03/07
データ復旧の事例をご紹介いたします。

IOMEGA NAS
4台中1台に障害が発生し、その後リビルドを実行するも
「データ保護を再構築中です。再構築は1%完了しています。」から
一向に進まず断念したとのこと。


機器:Iomega ix4-200d NAS Server 8TB
症状:disk2に障害が発生し、アクセス不能。
記録媒体:内蔵型3.5インチ 2TBx4台
RAID構成:RAID5 
容量:8TB
メーカー:Seagate
型番:ST3200542AS

【新製品情報】 バッファロー、手軽に写真共有ができるホームNAS「LS-WVL/RF」

[スタッフ雑記] 2015/02/04
バッファローは、RAID対応の2ベイNAS「リンクステーション LS-WVL/RF」シリーズを発表。保存した写真データをモバイル端末から手軽に閲覧できる“写真共有”向けをうたったモデルだ。

ITmedia PC USER > バッファロー、手軽に写真共有ができるホームNAS「LS-WVL/RF」引用
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1502/04/news085.html

■■■■■■■■■■■ 仕様・特徴 ■■■■■■■■■■
◆1TBモデル 3万2200円
  2TBモデル3万8900円
◆2ベイNAS
◆RAID-0/1対応
◆Webブラウザ経由での共有フォルダアクセス機能
◆iOS/Android用アプリを用いて画像を閲覧
◆指定したフォルダーを自動的にコピー(同期)できるWindows専用ソフトウェア「NAS Navigator2」が付属

■■■■■■■■■■■ 所見 ■■■■■■■■■■

BUFFALOのこのシリーズは2台のハードディスクで構成されており、初期設定はRAID0(ストライピング)で出荷されております。意外とRAID機能を意識せず使用されている方が多いかもしれません。ご使用前にRAID機能を理解し、用途に合わせて設定することが望ましいですね。特にご家庭用で高速性を重視しない場合は、耐障害性を高めたRAID1(ミラーリング)をお薦めします。2台のハードディスクに同一データを書き込みますので、1台のディスクが故障しても、残りのディスクが稼動していればデータは失われずに済みます。

また、付属ソフトの「簡単バックアップ」や「NAS Navigator2」を使えば、設定がとても簡単に行えます。パソコンのデータのバックアップ設定や、本製品のデータのバックアップ設定をすれば、バックアップの自動化も可能です。
バックアップ作業はおろそかにされがち(というかほとんど行われていない)という実情です。データのバックアップを日ごろから意識することにより、データ損失のリスクが大幅に低減されると思います。
全1ページ(12記事)