データ復旧/レスキューのニュース

「HDD」のデータ復旧ニュース一覧

全6ページ(110記事)

【HDD復旧実績】 Seagate ST500UM001 

[データ復旧事例] 2019/02/25
物理障害

症状:回転しない。
   衝撃によるヘッド固着(スティクション障害)
記録媒体:内蔵型2.5インチ ハードディスク
容量:500GB
メーカー:Seagate
型番:ST500UM001
シリーズ:Laptop Thin SSHD
インターフェイス:Serial ATA
ディスク枚数:1枚
ヘッド数:2
厚さ:7mm
AFT

【HDD異音】 Seagate ST2000DM001 (2TB)

[データ復旧事例] 2019/02/25
物理障害

症状:通電後回転可能、SA読めず
記録媒体:内蔵型3.5インチ ハードディスク(HDD)
容量:2TB
メーカー:Seagate
型番:ST2000DM001
シリーズ:Barracuda 7200
インターフェイス:Serial ATA
ディスク枚数:2枚
ヘッド数:4
AFT

【NASの復旧実績】 アイ・オー・データ HDL2-A6.0

[データ復旧事例] 2019/02/25
物理障害
RAID0構成

Disk1:通電後、異音を確認
Disk2:BADセクタ点在


機器:アイ・オー・データ HDL2-A6.0
症状:1台目:物理障害
   2台目:物理障害
記録媒体:内蔵型3.5インチ 3TBx2台
RAID構成:RAID0
容量:3TBx2台構成
メーカー:Seagate
型番:ST3000DM001

【外付HDDの復旧実績】 BUFFALO HD-CB2.0TU2 転倒

[データ復旧事例] 2018/08/12
稼働中に倒してしまった


機器: HD-CB2.0TU2
症状:回転していない
  
記録媒体:内蔵型3.5インチ 2TBx1台
容量:2TB
メーカー:WesternDigital
型番:WD20EARS-00MVWB0

【HDDデータ復旧事例】 Apple iMac OS起動できない

[データ復旧事例] 2018/08/12
Apple iMac OS起動できない

症状:OS起動できない
記録媒体:内蔵型3.5インチ ハードディスク(HDD)
容量:1TB
メーカー:Western Digital
型番:WWD1001FALS-40Y6A0
シリーズ:Caviar Black
インターフェイス:Serial ATA
ディスク枚数:2枚
ヘッド数:4

【HDDの復旧実績】 アイ・オー・データ HDPS-U500K

[データ復旧事例] 2018/07/23
他社復旧不可案件
他社で物理障害復旧不可
2社に依頼した痕跡あり。(1社は見積りキャンセル)

機器:アイ・オー・データ HDPS-U500K
症状:物理障害 
記録媒体:内蔵型2.5インチ 500GB
容量:500GB
メーカー:TOSHIBA
型番:MK5055GSX

【HDDデータ復旧事例】 Western Digital WD20NPVZ

[データ復旧事例] 2018/06/04
物理障害

症状:回転するが、認識できない。
記録媒体:内蔵型2.5インチ ハードディスク(HDD)
容量:2TB
メーカー:Western Digital
型番:WD20NPVZ-00WFZT0
シリーズ:WD Blue
インターフェイス:Serial ATA
ディスク枚数:4枚
ヘッド数:8
厚さ:15mm
AFT

【他社診断見積り高額】 BUFFALO LS-WX2.0TL/R1J

[データ復旧事例] 2018/05/30
他社診断見積り高額
RAID0構成、1台物理障害(他社開封済み)

機器:BUFFALO NAS LS-WX2.0TL/R1J
症状:アクセス不能。
   1台のHDDが物理障害
記録媒体:内蔵型3.5インチ 1TBx2台
RAID構成:RAID0
容量:1TBx2台構成
メーカー:TOSHIBA
型番:DT01ACA100

【HDD異音】 Seagate ST2000DM001 (2TB)

[データ復旧事例] 2018/05/21
物理障害

症状:10回程度ノッキング、その後回転停止する。
記録媒体:内蔵型3.5インチ ハードディスク(HDD)
容量:2TB
メーカー:Seagate
型番:ST2000DM001
シリーズ:Barracuda 7200
インターフェイス:Serial ATA
ディスク枚数:4枚
ヘッド数:2
AFT

【NASの復旧実績】 アイ・オー・データ HDS2-UT4.0

[データ復旧事例] 2018/05/19
2台物理障害
RAID1構成のため、1台正常動作していれば軽度で復旧可能ですが、
今回は2台とも物理障害でした。
顕微鏡でヘッドのスライダを確認し、状態の良いHDDの物理処置を実施。

機器:アイ・オー・データ HDS2-UT4.0
症状:1台目:物理障害
   2台目:物理障害
記録媒体:内蔵型3.5インチ 2TBx2台
RAID構成:RAID1 
容量:2TB
メーカー:Seagate
型番:ST2000DM001

【他社診断見積り高額】 BUFFALO TS5400D

[データ復旧事例] 2018/05/19
他社診断見積り高額のため
他の業者を探していたところ
日本データ復旧協会に加盟の弊社にご依頼をいただきました。

機器:BUFFALO NAS TS5400D4
症状:アクセス不能。
   2台のHDDが物理障害
記録媒体:内蔵型3.5インチ 1TBx4台
RAID構成:RAID6
容量:1TBx4台構成
メーカー:Seagate
型番:ST1000DM003

【HDDデータ復旧事例】 BUFFALO HD-LC2.0U3-Fシリーズ

[データ復旧事例] 2018/05/19
物理障害

症状:回転後、ノッキング
記録媒体:内蔵型3.5インチ ハードディスク(HDD)
容量:2TB
メーカー:BUFFALO
型番:HD-LC2.0U3T
内蔵HDD詳細
メーカー:TOSHIBA
型番:DT01ACA200
シリーズ:
インターフェイス:Serial ATA
ディスク枚数:2枚
ヘッド数:4
AFT

【HDDデータ復旧事例】 Seagate ST1000DM003 (1TB)

[データ復旧事例] 2017/06/06
物理障害

症状:回転せず。スティクション障害
記録媒体:内蔵型3.5インチ ハードディスク(HDD)
容量:1TB
メーカー:Seagate
型番:ST1000DM003
シリーズ:Barracuda 7200
インターフェイス:Serial ATA
ディスク枚数:1枚
ヘッド数:2
AFT

【HDDデータ復旧事例】 Western Digital WD1001FAES-19W7A0

[データ復旧事例] 2017/06/06
物理障害

症状:通電後、ノッキングを繰り返す
記録媒体:内蔵型3.5インチ ハードディスク(HDD)
容量:1TB
メーカー:Western Digital
型番:WD1001FAES-19W7A0
シリーズ:Caviar Black
インターフェイス:Serial ATA
ディスク枚数:4枚
ヘッド数:2

【HDDデータ復旧事例】 Western Digital WD10JPVX-22A1YT0

[データ復旧事例] 2017/05/23
物理障害

症状:セクタ不良により、必要なデータがほとんど破損。
記録媒体:内蔵型2.5インチ ハードディスク(HDD)
容量:1TB
メーカー:Western Digital
型番:WD10JPVX-22JC3T0
シリーズ:WD Blue
インターフェイス:Serial ATA
ディスク枚数:2枚
ヘッド数:4
厚さ:9.5mm
AFT

SSDにデフラグ不要というのは本当ですか?

[うんちく] 2017/05/23
Yahoo!知恵袋ネタ

知恵袋トップ>スマートデバイス、PC、家電>OS>Windows 全般
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14137922574
ID非公開さん 2014/11/806:23:51
SSDにデフラグ不要というのは本当ですか?
(Win8 OS標準のデフラグ=Trimの事ではなく、いわゆる通常のデフラグ)

不連続クラスタのファイルを連続にしておく事で、
1. アクセスが速くなる
2. もしディスク障害(論理障害)が起きた時に
データ復旧できる確率を高められる

1.は機械的にシークが無いSSDに意味がないというのは分かりますが、
2.のメリットが有りそうに思えますが…

書き込み頻度が増えるデメリットは有りますが、
それを理解した上であれば、
断片化ファイルを無くすだけ(断片化していないファイルは再配置しない)の
タイプなら予防目的でデフラグするのも有りですか?

ベストアンサーに選ばれた回答
cyber_shshさん 2014/11/806:32:07
SSDでは、同じメモリーアドレスに何度も書き込むと劣化が促進されると言われています。
このために、ランダムに書き込む方が、よいようです。
また、ヘッドのシークがないことから、ランダムに読み込んでも速度の低下はありません。
このために、SSDでは、デフラグは行わないようです。

最近のSSDでは寿命も延びていることですし、HDDよりも信頼性が高いと言われていますので、貴方の好みでいいと思います。
自己満足を満たすことで、速度アップとなった気になりますので・・・
ただし、ヤリスギはいけませんよ・・・

【HDDデータ復旧事例】 Western Digital My Passport for Mac

[データ復旧事例] 2017/04/25
物理障害

症状:USB接続後、しばらく時間が経過するとデバイスとして認識するが
   アクセスできない。
記録媒体:2.5インチポータブル ハードディスク(HDD)
容量:500GB
メーカー:Western Digital
型番:WD500BMVW-11AJGS0(WDBLUZ5000ASL)
インターフェイス:USB
ディスク枚数:2
ヘッド数:4

【HDDデータ復旧事例】 Seagate ST2000DM001 (2TB)

[データ復旧事例] 2017/04/25
物理障害

症状:回転継続するが、認識できない。
記録媒体:内蔵型3.5インチ ハードディスク(HDD)
容量:2TB
メーカー:Seagate
型番:ST2000DM001
シリーズ:Barracuda 7200
インターフェイス:Serial ATA
ディスク枚数:3枚
ヘッド数:5
AFT

データ復旧業者から借用したHDDの返却について

[うんちく] 2017/04/13
Yahoo!知恵袋ネタ

知恵袋トップ>スマートデバイス、PC、家電>パソコン>OS
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10161708335

mangrove_greenさん 2016/7/1603:13:42
データ復旧サービスを利用しました。外付けHDDに入った状態の業者ハードの中に、復旧されたデータが納められてきました。
これを返却するわけですが、データコピーを取った後にそのハードを初期化(消去)して返す必要はないのでしょうか?
また逆に、初期化して返却すると、何か言われたりしますでしょうか?
復旧に際して、業者と金額で一悶着あったので、心配になり、質問をさせていただきます。
業者ハードには「OS」と「自分のリカバリーデータ」が納められています。
よければ、何かアドバイスをいただけますか?

カテゴリマスター
wakataketei_onigiriさん 2016/7/1610:55:29
業者に確認を取るべきです。
料金で揉めたというのはこの手の社業の相場を知らなかっただけだったからではないですか?
業者も話し合いの上で合意したから作業をしたのでしょう。ですがメディアで渡さずにハードごと渡してきたというのに違和感を感じますが。
下手に削除して賠償を求められても余計拗れるだけでしょうから第三者の意見を求めるのではなく、当事者同士でまず話し合うべきことでしょう。
ただ、この業種は安い広告で釣って高額の作業費用を請求してくるところがあります。そういった不審点があるのであれば、国民生活センターなどに相談がいいでしょう。

【データ復旧時事ニュース-5】 サスペンションってなんだ?

[うんちく] 2017/03/07
データ復旧時事ニュース-5
サスペンションってなんだ?
http://mainichi.jp/articles/20160726/k00/00e/040/206000c
HDD部品(サスペンション)カルテル疑い TDKなど2社公取委立ち入り
世界中のパソコンに使用されるハードディスクドライブ(HDD)の主要部品でカルテルを結ぶなどしていた疑いが強まったとして、公正取引委員会は26日、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で大手電子部品メーカーなど2社に立ち入り検査した。カルテルは海外の市場にも広がっているとされ、米国などの当局も調査を開始した模様だ。公取委は2社の担当者から事情を聴き、カルテルの全容解明を進める。

立ち入り検査先は、いずれも東証1部上場の電子部品大手・TDK(東京都港区)と、ばね製造・販売大手の日本発条(ニッパツ、横浜市)。

関係者によると、2社は少なくとも数年前から、HDDの部品のうち、データの記録・読み取りに使われる磁気ヘッドを支える精密ばね(サスペンション)の価格などを話し合いで決めていた疑いがある。

TDKのタイの現地法人と日本発条を合わせたサスペンションの世界市場のシェアは7割を超えている。

HDDの内部では、磁気ディスクの高速回転で空気の流れをつくってヘッドを浮上させている。サスペンションは、高速で回転するディスクとヘッドが接触しないよう、両者の間隔をナノ(10億分の1)メートル単位で保つ役割をしている。HDDの大容量化のためにも、サスペンションの技術が重要になっているという。
全6ページ(110記事)