データ復旧/レスキューのニュース

「日本データ復旧協会」のデータ復旧ニュース一覧

全1ページ(5記事)

【他社診断見積り高額】 BUFFALO TS5400D

[データ復旧事例] 2018/05/19
他社診断見積り高額のため
他の業者を探していたところ
日本データ復旧協会に加盟の弊社にご依頼をいただきました。

機器:BUFFALO NAS TS5400D4
症状:アクセス不能。
   2台のHDDが物理障害
記録媒体:内蔵型3.5インチ 1TBx4台
RAID構成:RAID6
容量:1TBx4台構成
メーカー:Seagate
型番:ST1000DM003

「一般社団法人 日本データ復旧協会」に加入しました。

[お知らせ] 2018/02/23
一般社団法人 日本データ復旧協会とは?
データ復旧業界の健全化に貢献する団体

長年データ復旧サービスに係わり切実に思うことは、悪意のある業者の存在です。またその中にはWeb検索で上位にランクされている業者の名前もよく耳にします。
勿論、検索上位であることイコール信用できる業者とは限らないのですが、現実に、様々な被害に合われた話を聞きますし、相談されることも少なくありません。

復旧業者の良し悪しをホームページで判断するのは不可能だと思っております。
「どの業者のホームページを見ても同じようで、どこに依頼していいのか分からない」という声も多くあります。 
今回、日本データ復旧協会に加盟させていただいのも、協会の趣旨でもある「健全化」がこの業界の将来になくてはならないと考えたからです。
多くのお客様に安心してデータ復旧をご利用いただけるよう貢献できれば幸いです。

【データ復旧ABC -12】 どの程度の復旧ができるか、どうしたら分かるの?

[うんちく] 2015/08/26
最も基本的でありながら、よく理解されていないところを解説。


どの程度の復旧ができるか、どうしたら分かるの?
「日本データ復旧協会」のサイト(http://www.draj.jp/category/term/)には、「調査」とは、お預かりしたメディアの障害タイプ(論理障害/物理障害)を判別し、中に入っているデータのうち、どの程度(0%~100%)の復旧ができるかまでを調査し、その結果をお知らせすることを指します。と、書いてありますが、どんな作業をするのでしょうか。

【データ復旧ABC -10】 初期診断ってなに?

[うんちく] 2015/08/04
最も基本的でありながら、よく理解されていないところを解説。


【初期診断】
ネットで「データ復旧業者」を探すとイヤになるほどの業者が出てきます。そして、ほとんどの業者が「初期診断無料」とか「調査費無料」と、いかにも親切そうな文句を掲げています。
では、この「初期診断」とか「調査」とは一体何なのでしょうか。


初期診断とは?
「日本データ復旧協会」のサイト(http://www.draj.jp/category/term/)よりコピペ。

「初期診断(しょきしんだん) / 初期調査(しょきちょうさ)」
会社によって呼び方も実際の作業もまちまちですが、当協会では、データ復旧のために行う「調査」とは、お預かりしたメディアの障害タイプ(論理障害/物理障害)を判別し、中に入っているデータのうち、どの程度(0%~100%)の復旧ができるかまでを調査し、その結果をお知らせすることを指します。

【データ復旧ABC -1】 論理障害と物理障害

[うんちく] 2015/03/05
最も基本的でありながら、よく理解されていないところを解説。


【論理障害と物理障害】

日本データ復旧協会の解説。http://www.draj.jp/category/term/ よりコピペ。

論理障害(ろんりしょうがい)
ファイルの誤削除や誤フォーマット等によってファイルのアクセスに支障がある場合を指します。
HDDには物理的な障害がなくても、ファイルシステムの障害でファイルにアクセスできなかったり、OSが起動しなかったりする事をさします。

物理障害(ぶつりしょうがい)
メディアが電気的、機械的に故障している場合のことです。システムが認識しない場合、異音が発生したり、ファイルへのアクセスが異常に遅かったり出来ない場合等を指します。
この場合、データ復旧を行うためには、破損している部分を修復したり、特殊な設備を使用しなければなりませんので、時間も掛かってしまいます。

全1ページ(5記事)