USBメモリ 物理障害


Flashチップを基板から取り外し、専用機器で読み取り。
解析後、再構築にて有効なデータの確認に至りました。